心から安心するイフェクサー!ジェネリックに乗り換える

抗うつ剤の効果

イフェクサーは抗うつ剤として非常に知名度も人気も高い薬となっており、現在はとても多くのジェネリックも開発されています。イフェクサーを購入するかジェネリックを購入するか迷っている人も多いと思うので、ここではこの薬の詳細や効果、ジェネリックとどちらを購入すれば良いのかなどをご紹介していきます。
この薬の特徴は副作用が非常に少なくなっているということです。現在のところ確認されている副作用は眠気、疲労、頭が痛くなる、吐き気、食欲低下、胃痛などとなっていますが、どれも軽いものばかりとなっています。今まではこの種類の薬は副作用が酷くなっていることが多かったのですが、副作用が軽いため人気なのです。
それだけでなく、抗うつ剤としてだけでなく、抑うつやパニック障害、対人恐怖症、睡眠障害にも力を出してくれる薬となっていることも人気の秘密です。この薬に使われている成分はベンラファキシンというもので、セロトニンという心身を安定させたりリラックスさせたりする力を持っているものを増やしたり、ノルアルデナリンという思考や意識を活発にさせる力も持っています。この2つを兼ね備えていることから、色々な病気を良くしてくれるのです。
若い年代の人から年齢を重ねた人まで、男女関係なく効果も現れますし副作用もどの年代でも少なくなっていて、即効性も高くなっています。使い方も非常にシンプルなものになっていて、初めて使う場合は1回につき、1日2回水かぬるま湯で使うだけとなっています。1回に使う量は37,5mgとなっていますが、1日に使って良い量は最大で150mgとなっているため覚えておきましょう。
気を付けて欲しいことはこの薬以外の安定剤などと一緒に使わないようにするということです。もしも現在使っている薬があるという場合は、そちらの服用をやめるか、こちらの薬を使わないようにしないといけません。どうしても現在使っている薬をやめるのに抵抗があるという場合は予め医師に相談をしてみましょう。
この薬は後発品も多く存在しているので、どちらを購入するか迷っているという人も多いでしょう。その場合はどれくらい使い続けるのかや本当に自分が後発品を信用できているのかなどで判断すると良いでしょう。後発品は先発品と同じ成分で作られているため効果などは同じです。なぜ安くなっているのかというと先発品でかかった開発費や研究費などが後発品は全くかかっていないからです。どのように成分を組み合わせたら効果が出るのかを先発品は研究しないといけませんが、後発品は先発品の真似をするだけで良いため値段は抑えられるのです。
つまり効果に違いはないため、安さを取るか先発品という安心感を取るのかどちらかで選ぶと良いでしょう。